家族で避難方法の確認を! 避難場所

避難場所
避難する場所として市区町村は、自宅から避難する住民のために地域の学校や公民館などを一時避難場所に指定しています。また、これらの施設に延焼などのおそれがある場合は公園などの広域避難場所が避難先になります日頃から最寄りの避難場所を家族で確かめておきましょう。避難場所への経路は、火災や建物の倒壊で通れなくなることも考え、なるべく広い道から複数の経路を探しておくことが大切です。



posted by さっちゃん at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■避難方法を確認しましょう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。