家族で避難方法の確認を! 帰宅困難の時には

帰宅困難に備える
昼間、大きな地震が起きると交通機関がストップして、勤め先や学校から自宅まで歩いて帰らなければなりません。こうした帰宅困難者は、仮に東京の23区の直下で平日の日中に大地震が発生すると370万人に上るという東京都の被害想定が発表されています。帰宅困難に備えて会社には自宅までの地図を備えておく方法もあります。道路や橋が寸断されている恐れがあり、自宅までのルートは複数考えておく必要があります。また異動の時には最新情報が必要です。ポケットラジオをカバンなどに入れておくのも良い方法です。


posted by さっちゃん at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■避難方法を確認しましょう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。