被害を最小限に抑えるための知識です。応急手当、打撲

軽い打撲の場合、患部を冷やすとはれや痛みが軽くなります。軽い打撲を負った場合、ケガをした人をできるだけ楽な姿勢にします。脱臼や骨折の恐れが有る場合はなるべく動かさないようにして、包帯や三角布を使って固定します。この場合は患部を心臓より高くすることが原則です。重傷と思われる場合は、早く専門の処置が必要ですので、なるべく早く手配をするようにしましょう。災害時に開いている病院はテレビ・ラジオを通じて放送するようにしますので、放送に注意して下さい


posted by さっちゃん at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■被害を最小限に抑えるために
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。