被害を最小限に抑えるための知識です。災害弱者を助けよう

災害の時に被害を受けやすいのがお年寄りや体に障害のある人たち、いわゆる災害弱者と呼ばれる人たちです。近くに住んでいる方はまず安否を確認するため声をかけて下さい。避難場所への移動も積極的に手助けして下さい。家族や緊急連絡先にも連絡をお願いします。目の不自由な人に周りの様子を知らせたり、耳の不自由な人にメモで説明したりすることも必要です。養護老人ホームの中には、災害時に近所の人たちに避難を助けてもらう取り決めを結んでいるところがあります。


posted by さっちゃん at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■被害を最小限に抑えるために
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。